メンチカツの玉子とじ弁当

きのうは出勤時も帰宅時でも、人身事故の影響で電車の遅延が発生していました。事故の状況や詳細は良くわかりませんが、年末に向け人生に疲れたひとが増えていないことを祈る次第です。ところで昨晩は毎度のメニュー、例のお惣菜屋さんのメンチ・コロッケ・ハムカツの揚げ物3点セットが食卓に並べられていました・・・正直、ぜんぶ食べきる自身がありませんので、嫁さんが食べられそうな他の料理を残したり別のものを加えたりして、なるべく食材が残さないよう献立を組みなおしました。直接彼女に言うと逆ギレされるので普段は黙っていますが、たまにお酒を飲みすぎ酩酊状態となった時は、制御回路のストッパーが外れて強く言い過ぎてしまうんですよね。前は通訳的存在の娘がいて仲裁をしてくれていたのに、いまは独立してしまったので正常な国交回復は難しい状態です。とりあえず揚げ物はたくさん買ってこないで!ってことだけ伝えてもらいたいです(笑) 結局きょうのお弁当は、毎度のメンチカツの玉子とじに行き着くことになりました。いつものお弁当箱だと丼物風にごはんへ直のせになってしまうので、大きい方のお弁当箱にして別盛りにしてみました。まぁ気分の問題だけですが、すこしだけアレンジしてみることにします。ちなみにハムカツはつまみに、コロッケは蕎麦にトッピングしてスタッフ?が美味しくいただきました。 にほんブログ村

続きを読む

豚こま焼肉丼弁当

結婚し子どもを授かると決まった時、非常に悩ましい事のひとつが生れてくるベイビーの命名かと思います。よほどのことがない限り一生変えることができないものですから、親としては非常に責任が重要となってきますね。むかし自分の両親から聞かされましたが、姉の場合はあっさりと決めたのに対して、私の場合は近くのお寺さんの姓名判断でつけられたとのことです。今思うと私の両親のことですから、母親が父親に「あなたが考えなさいよ!」と丸投げし、生真面目だった父親がさんざん悩んだ挙句の苦肉の策だったんだろうなーと想像できます。まぁ、どんな名前でも健康で幸せな人生を送ってもらえれば、親としては本望なのですが。ちなみにわが家の子どもたちは漫画のキャラクターから名前を拝借していることなど、知る由もないでしょうけど(笑) きょうは冷凍庫にあった豚のこま切れ肉を使って、焼肉丼風のお弁当を作ることにします。脂身が少ない肉でもお弁当にすると冷えて脂分が白く固まってしまうので、テレビで見かけた一度湯通ししてから油を加えず炒める方法を使ってみました。(たしかばら肉を使うスタミナ丼等の下処理も同じだったと記憶しています。)味付けはスーパーでも入手可能なファミレス「ステーキの宮」のたれをイメージし、すりおろした玉ねぎとポン酢をまぜて和え炒めしてみました。 嫁さんが蓄えている冷凍肉のストックも徐々に減らしていきたいですね。 にほんブログ村

続きを読む

焼きたらこ弁当

わが家の冷蔵庫のうち、下にアルミのトレーがひいてある、小さな冷凍スペースを専用で使わせてもらっています。いまいち何のスペースなのか良くわからず使っていましたけど、本来は熱いものを急速に冷却・冷凍する凍結ルームという場所だったんですね。いまそこがお弁当の小分け副菜で埋め尽くされつつありますので、本来の機能にもどすためにも断捨離をしていかなければなりません。この熱い思い?は急速冷凍しないよう注意します。 きょうは切子じゃない房のたらこを買ってもらったので、大好きな焼きたらこにしてお弁当に持っていきます。当然ながらひじき煮は冷凍ストックなので、徐々にではありますが断捨離は進行しているのですが・・・ようは食べきれないものを買いすぎており、捨てるのがもったいないから冷凍しているのが間違っているんですね。 捨てるものがあまりでないよう、賢い買い物をしていきましょう。 にほんブログ村

続きを読む