あらしのよるに舟渡ラーメン

台風が接近しているようですが、意外だったのはJRをはじめ、各鉄道会社が早々に夜間運休を決定したことでしょう。雪が降ろうが槍が降ろうが、正確に電車を走らせる鉄道マンも苦渋の選択だったと推測します。コンプライアンスや安全にうるさいこのご時世で、幸いだったのは日曜日だったことでしょうかね。 日中は晴れ間も見え、少し拍子抜けした本日でしたので、何となく千葉まで買い物に出かけたりして、あっという間に一日が終わってしまいました。お昼は移動中にコンビニおにぎりで 済ませてしまったので、珍しく食べものに関し特筆することがありません。 とりあえずごはんを炊く準備をしましたが、賞味期限を考慮しラーメンをつくることにします。 気がつくと少し風が強くなってきたようで、しっかり窓を閉めて朝を待とうかと思います。 にほんブログ村

続きを読む

しょっぱいざる蕎麦

またお昼にアルコール度数9%の缶チューハイを飲んだので、今さっき起きたところです。私は普段はおとなしく、何もいわずにニコニコしているだけですが、アルコールが入り何かトリガーがあった瞬間、別人のように暴発いたします。典型的な酒乱ですね(笑)そんな訳で友人も少なく、会社の人間や家族からも敬遠され孤高な人生を歩んでまいりましたが、ふと考えると亡くなった父親の姿といまの自分が妙に重なるよう感じます。 「血は争えない…」なんて自己肯定して納得するような、しないような。 で、ご想像の通り気持ちが悪く、夜はざる蕎麦だけにいたしました。以前ニトリで買っておいた蕎麦皿と猪口をはじめて使いますが、さすがお値段以上で富士そばチックなビジュアルです。そしてお気づきの方もいるとは思いますが、蕎麦をお弁当にできないかなーと思案中であります。 ちなみに長靴は忘れず購入したので、万が一月曜日が大荒れでも多少はやり過ごすことができそうです。一番いいのは天気が荒れず何事もないことですが。 にほんブログ村

続きを読む

【番外編】究極のお弁当の次点@高崎 だるま弁当

これはあくまでも私見ですが、いろいろなお弁当を食べてみて総合的に究極と思えるのは、崎陽軒さんのシウマイ弁当だと考えています。究極と思える点を挙げればキリがありませんが、欠点が見つからないところが究極たる所以なのでしょう(当社比)。ところで2番目って何だろう?と漠然と考えていたら夕方になっていました。そこでふと思い出したのが、高崎のだるま弁当であります。幸い通過点の駅で販売しているので、「どうか嫁さんがさば寿司を買ってきませんように。」とお祈りしながら購入します。祈りは通じたようで、さば寿司はありませんでしたが、惣菜屋さんで買ってきたボリュームたっぷりの揚げもの群が食卓を飾ります。さらに餃子の王将へテイクアウトを買いに行くところを未然に防いだのは、本日私の最大のファインプレーと自負しています。 そんな感じで購入した「だるま弁当」、運搬の不備で若干食材が散乱ぎみですが、相変わらず地味な食材を彩りよくレイアウトしています。さらに甘さと塩っぱさ、やわらかさと固さ、味つけと食感のバランスが絶妙で、食べすすめるほどに口内で混ざり合う味覚が順次変化していきます。 貯金箱になる容器も楽しいですね。 次点、確定です! にほんブログ村

続きを読む